創作講座

カラーサークルの見かた・操作方法【HSV色空間】

このブログでは主にClipStudioのカラーサークル(HSV色空間)を用います

HLS色空間を知りたい方は別のサイト様への移動をお願い致します

イラスト制作ソフトなどで見るカラーサークルは色相・彩度・明度で構成されています

色相・彩度・明度がわからないという方はこちら↓を先にお読みいただくことをおススメします

色相・彩度・明度とは?これだけ覚えておけばOK! 色の三属性とは何か 色の三属性とは色相・彩度・明度のことです これは色の三属性と呼ばれています 色の基本でもあります...

カラーサークルの種類

カラーサークルには「HSV色空間」と「HLS色空間」の2種類があります

左:HSV色空間/右:HLS色空間

すみません、頑張って勉強してみたのですがHLS色空間がイマイチピンときませんでした💦

なのでここではざっくりとだけ触れます

個人的にはHSVの方がやりやすくて好きです

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sshikisousaidomeido-6.jpg

ClipStudioには色の設定として上記2つの他、標準と円上のカラーサークルがあります

個人的には標準またはHSVのカラーサークルがおススメです

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: colorcircle-1-2.jpg

HSVとは?

色相(Hue)、彩度(Saturation)、明度(Value・Brightness)から構成される色空間

それぞれの最大数値は

色相:360

彩度:100

明度:100

HLSとは?

色相 (Hue)、彩度 (Saturation)、輝度(Lightness / Luminance )から構成される色空間

それそれの最大数値は

色相:360

彩度:50

明度:100

HSV、HLS、RGBの切り替え方法

ClipStudioのカラーサークルではHSV⇔HLSへの切り替えの他、それぞれの色空間からRGB数値への切り替えは簡単に変えることができます

RGB数値への切り替え:Ⓐをクリック

HSV⇔HLSへの切り替え:Ⓑをクリック

カラーサークル上での色相・彩度・明度

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: colorcircle.jpg

カラーサークルでの色の三属性はこのようになっています

画像はClipStudioのHSV色空間(RGB数値)カラーサークルですが、どのイラスト制作ソフトも同様にありますので基本的に変わりません

カラーサークルでの彩度と明度の見かたはこうなります↓

HSVのそれぞれの数値について

先ほど、HSVの最大数値(色相:360、彩度:100、明度:100)と書きました

それぞれの最小値は0です

3つの数値を0にすると無彩色の黒になります

HLSも色相と明度はHSVと変わりません

色相の数値

色相の0=赤

色相の最小値は赤から始まります

最大数値の360は色相環では0の一つ前になるのでほぼ赤と変わりません

他の色相数値はこちら↓

数値によって色が変わるので色相環をぐるぐると回転させながら好みの色を決めてみましょう

彩度の数値

彩度の0=白、100=純色

彩度が高い=数値は高い=純色

彩度が低い=数値が低い=白

カラーサークル上で横に動かしながら好みの色を決めてみましょう

明度の数値

明度の0=黒、100=白

明度が高い=数値が高い=白

明度が低い=数値が低い=黒

カラーサークル上で縦に動かしながら好みの色を決めてみましょう

HSVを推す理由

個人的にはカラー数値はHSVがおススメです

おススメの理由
  • 形状が四角だから視覚的にわかりやすい
  • 彩度と明度の2辺の位置が直角で縦と横に動かすだけだから直感的に色を決められる
  • 彩度と明度の最大値が100だから数値の把握がしやすい

三角や円上だとどこがどうなって色を選んでいるのかわからなくなってしまうので、四角いタイプは大変重宝しております

まとめ

  • HSVの最小数値は0、最大数値は色相:360、彩度:100、明度:100
  • すべての数値が0=無彩色の黒
  • 色相の0=赤、360は0の一つ前の為赤と=
  • 彩度の0=白、100=純色
  • 明度の0=黒、100=白

今回はカラーサークルの見かた、操作方法でしたがいかがでしたでしょうか?

色選びは本当に奥が深いです

数値を動かしながら自分の好みの色を見つけてみてくださいね

楽しい創作ライフをノシ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。