雑記

自分の時間は誰のもの?都合よく利用されない為の自衛

誰かに頼まれ事をされた時

仕事で残業を強いられた時

無償でイラストを描いていた時

好きでもない遊びに付き合っていた時

やりたいことを犠牲にし、相手に時間を奪われるのは本当に苦痛でした

創作したい

ゴロゴロと横になりたい

ぬいぐるみに癒されたい

ゆったりと湯船に浸かって疲れを取りたい

等、やりたいことはたくさんある

・・・なのに何故、奪われなければいけないのか

時間は有限です

1日の中で仕事関係と睡眠の時間を除いたら、残っているのは数時間しかありません

その時間を自分のために使って何が悪いのでしょう??

時間はお金と同じです

貴方に与えられた時間1分1秒が全てお金で、お金を払いながら生きているとしたらどうでしょう?

もちろん全部有効的に使い果たしますよね?

でも、そのお金が相手に奪われるとしたら?

奪われないように全力で死守しますよね?

自分の時間は誰のものでもありません

自分だけのものです

一人一人に与えられた有限のものです

奪うなんてもってのほか

いくら親しくても限度というものがあります

何でもかんでも引き受ける必要はありません

だって、断る権利があるのですから

ちょっとでも引っかかったり、モヤモヤ( ´~` )したら断れば良いのです

仕事以外の時間くらい自分の好きなように使わせてくれ」と

曖昧な返事をしてちょっとでも相手に優位な情報を与えるのではなく、断るのであればキッパリと意思表示を

相手が自分を頼ってきてくれてることだけでも嬉しいし、相手のために何とかしてあげたい!って思いで、つい二つ返事をしてしまうかもしれないけどここは我慢

労力とその時間、報酬を天秤にかけて考えましょう

考えることは頼まれたことに対して自分にメリットがあるかどうか

自分にもメリットがあるなら交渉

メリットなく、ただ時間が無駄に浪費されるなら即お断り

当時、これが言えなかった私は本当に後悔しています

得するわけでもない、むしろ損してる

そんなことに時間を割いて迄苦痛を味わう程時間が有り余っているわけでもないのに、です

相手に良い様に使われるだなんて嫌じゃないですか

相手に言う時はちょっと罪悪感抱くかもしれません

でもその後の苦痛と天秤にかけたらまだ軽い方です

嫌味等言ってくるようであればそれまでの関係だったということでこちらから引きましょう

これを見た方は自分を犠牲にして心身ともに壊さぬようご自愛くださいね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。