雑記

線に表情をつける具合について

突然ですが、お絵かきする時のペンのpxは同じでしょうか?

それとも場所によって変えているでしょうか?

こちらはペンのpxを変えずに描いたものです↓

サイズ:1000*1000(350dpi)

ツール:連続曲線(図形)8割、丸ペン(ペン)2割

線の太さ:3px

そしてこちらは1枚目のものにプラスして線で遊んだものになります↓

サイズ:1000*1000(350dpi)

ツール:連続曲線(図形)8割、丸ペン(ペン)2割+墨溜まり

線の太さ:外枠5px、メイン3px、服の皺・眉毛・瞳他ディティール書き込み2px

並べて見比べてみると全然違い、見栄えがガラリと変わります

正直これは描き手の絵柄と好みよって分かれます

メインはClipStudioソフトに初期からある連続曲線というツールで描いてますが+αで墨溜まり等を付けたらそれっぽくいい感じになります

私が描く場合ですが、量を描く創作漫画は左、質を描く創作絵は右と使い分けています

理由は右の方が描く部位によってpxを毎回変えるため、線画描き終わるまでの時間が左の倍以上かかるから

めっちゃ時間かかりますが、その分かなり見栄えのいいものになります

しかし、たくさん絵を描く漫画には不向きだなーと感じております

もしプラスでつけるとしても墨溜まりあたりがベターかと・・・

線を描くときのツールについては

  • 線の太さを一定にしたい → 連続曲線
  • 線の太さを入り抜きしたい → ペン

がおススメというよりという使い方になります

また、線の太さについては

  • 外枠:太めまたは普通
  • 主線:普通
  • 細かい書き込み:細目

が個人的にはおススメです

また、今回はデフォルメなのでつけませんでしたが

  • 遠くにある(描写する)もの:細目
  • 近くにある(描写する)もの、強調させる(目立たせたい)もの

線の太さで遠近感を表すのも迫力があって非常におススメです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です